【AGA治療前に要チェック!】フィナステリド(プロペシア)1mgの効果はどれくらい?副作用は大丈夫?医師が正直に解説します

AGA治療の定番薬フィナステリド(プロペシア)は約90%以上の方が安全に効果を体感できると言われていますが、本当なのでしょうか?本記事では、フィナステリドの効果や安全性の根拠を、論文を元に医師が解説していきます。フィナステリド0.2mgとの違いも紹介するため、これからAGA治療を始める方は、治療薬を選ぶ前に是非ご確認ください。

目次

■ 本記事のサマリ

  • フィナステリド(プロペシア)1mgは
    90%以上に効果あり
  • フィナステリドの副作用はX%前後
    稀かつ軽度で一過性
  • 少しでも高い効果を目指すなら
    0.2mgより1mgがお勧め

フィナステリド(プロペシア)1mgは
90%以上に効果あり

一般的に、フィナステリド(プロペシア)1mgは約90%以上の方で効果を実感できると言われています。

上記は複数の研究結果でも明らかになっていることから、医師の信頼性も高く、日本における男性型脱毛症(AGA)の定番薬として、多くのクリニックで採用されている薬です。

まずは、上記の根拠となる研究結果などをいくつかご紹介していきます。

フィナステリド1mgで1年、
約98%が写真評価で「効果あり」

まずは、フィナステリド1mgで治療した1年後に、90%以上の方で効果があると示された研究をご紹介します。

これは、プロペシアの開発時に行われた日本国内での研究です。

この研究では、写真から患者の毛髪量を評価したところ、

  • 治療後1年で、98%が効果あり(毛量維持+改善)
  • 治療後3年で、+20%が毛量改善

という結果になりました。

実際の治療実績でも
1年以上で約96%が効果実感

更に、実際の治療実績でも先行研究と同様の傾向がみられています。

ヘアテクトで、フィナステリド1.3mgのみで治療された患者様660名へのアンケート結果のご紹介です。

このアンケートでは下記のような結果になりました。

  • 治療後6ヶ月で、88.7%が効果実感*
  • 治療後1年以上で、96.3%が効果実感*

*いずれも効果実感=毛量改善+維持としています

これらの結果からも、フィナステリド1mgは1年以上の服用で
90%以上の人の薄毛の進行が止まり、更に服用継続で効果が高まることが期待できるといえるでしょう。

実際のフィナステリド1mgの
症例を写真で解説

では、実際どれくらい効果が現れるのか?

ヘアテクトで治療された患者様の中から、フィナステリド1mgの症例をいくつか写真で紹介していきます。

  1. 薄毛が軽度なケース

この患者様は、フィナステリドで2年治療されたところ、透け感が目立っていた頭頂部の毛量が改善されました。

このように、軽度の薄毛の患者様の毛量改善の場合、フィナステリドは効果的に活用いただけるケースが多いです。

  1. 薄毛が進行しているケース

この患者様は、フィナステリドで4ヶ月治療されたところ、頭頂部から後頭部にかけて薄毛が大幅に改善されました。

一定重症度が高い患者様でも、フィナステリドで発毛効果を感じられるといえるでしょう。

フィナステリド1mgの副作用は6%前後
ほぼ"稀かつ軽度で一過性"

次に、フィナステリド1mgの副作用は、約5~6%程度で発生すると言われています。

発生する副作用例として下記のようなものが挙げられますが、個々の症状ごとの発生頻度は1%程度のものがほとんどです。

  • 性欲減退
  • 性機能減少(勃起機能不全、精液量減少など)
  • かゆみ
  • 抑うつ
  • 肝機能低下 など

ここで注意していただきたい点として、医師の指示の下で適切に服用していれば、フィナステリド1mgの副作用に対して過度な不安は持たなくても大丈夫、ということをお伝えします。

その理由として、

  • 副作用は一般的な薬のほとんどで発生しうるもの(市販の風邪薬やアレルギー薬でも同様)
  • フィナステリド1mgは、厚生労働省が安全性と効果を認め、医薬品として認定している
  • 更に、フィナステリド1mgは医師が安全と判断し、国内のAGA患者に数十年間使い続けられている
  • 副作用の多くが軽度で一過性(治療中断などで回復する)であることが実際の研究でも示されている

といった点が挙げられます。

実際の治療実績でも
服用中止で副作用の全例が改善

また、実際の治療実績でも、副作用は軽度かつ一過性であることが示唆されています。

例えば、フィナステリド1mgの服用患者を含む、へアテクトの患者様2,452人中、治療開始後約1ヶ月間で副作用と思われる症状を訴えられた方は約3.5%でした。
また、アンケート調査では、副作用を報告された患者様の91%がそのまま服用を継続していたと回答しています。

このことからも、副作用の約90%は服用中止の必要がない軽度な症状、または服用継続中に消失していることが推察されます。

更に、服用中止するほどの副作用症状が出たと思われる回答者は8名でしたが、その後の服用中止により全員が副作用が改善したと回答されました。

医薬品である以上、副作用が絶対に起こらないとは言い切れませんが、過度に心配する必要はないといえるでしょう。

※分析概要
解析対象/へアテクト患者様のうち、2023年4月に治療を開始された患者様2,452名
アンケート対象/解析対象者のうち、2023年4月~5月の間に副作用と思われる症状を報告された方
調査期間/2023年7月13日~7月20日

少しでも高い効果を目指すなら
0.2mgより1mgがお勧め

最後に、フィナステリドには0.2mgと1mgの規格がありますが、少しでも高い効果を目指すなら、1mgの服用をお勧めします。

正直なところ、フィナステリド0.2mgと1mgで、効果、副作用リスク、価格は大きく変わりはありません

強いていうと、効果は1mgの方が若干高まることが期待されます。

一方で、副作用リスクは1mgも0.2mgも安全ではあるものの、若干0.2mgの方が低くなる可能性があります。

少しでも高い効果を期待するなら1mg、どうしても安全性が気になる、という方は0.2mgから始めてみるとよいでしょう。

なお、価格を抑えて治療をしたい場合は、フィナステリドの成分量を変えるのではなく、ジェネリック製品や、クリニックで処方される海外製医薬品の選択を検討してみてください。

ヘアテクトなら、月あたり2,200円から
フィナステリド1.3mgの治療が可能

ヘアテクトでは、フィナステリド1mgと類似規格で価格を抑えられるフィナステリド1.3mgをご提供しています。

12ヶ月まとめ買いなら月あたり2,200円、年間総額27,600円から適正価格でフィナステリド1.3mgの治療が可能です。

また、毎月の分割払いにも対応しているため、無理なくしっかり発毛を目指して治療を選択頂く患者様が多いです。

公式LINEでは、薄毛の専門家がチャットで24時間薄毛の質問や相談を受け付けています。

まずは自分に合った治療法や、無理なく続ける治療選択について、是非一度公式LINEにて専門家に質問してみてはいかがでしょうか?

天野 方一 先生

ヘアテクト 顧問医師

日本抗加齢医学会専門医

埼玉医科大学卒業後、都内の大学附属病院で研修を修了。東京慈恵会医科大学附属病院、足利赤十字病院、神奈川県立汐見台病院などに勤務、研鑽を積む。2018年9月よりハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard T.H. Chan School of Public Health)に留学。予防医療に特化したメディカルクリニックで勤務後、2021年よりへアテクト顧問、2022年より理事長に就任。日本腎臓学会専門医・指導医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定産業医、公衆衛生学修士、博士(公衆衛生学)の資格を有する。

※本記事はHAIRTECTスタッフが天野医師にインタビューを実施し、スタッフが内容をまとめたものとなります。

最新記事

  • 薄毛・ハゲ
  • AGA治療
  • その他対策
  • ヘアテクト
もっと見る