ヘアテクトのお薬と料金に関して

現在ヘアテクトにて取り扱っているお薬とその料金、なぜお求めやすい価格でご提供が可能なのかという点に関して、ご説明させていただきます。

目次

オンラインで完結
へアテクトのAGA治療

へアテクトでは、予約から薬の購入までLINEで完結。
ワンストップでAGA治療をお届けします。

■ 本記事でお伝えすること

  1. ヘアテクトで取り扱うお薬の詳細
  2. それぞれのお薬の料金
  3. なぜお求めやすいお値段でのご提供が可能なのか

本記事でご紹介する内服薬はコチラの4種類です。

■ ご紹介するお薬

  • 台湾製フィナステリド1.3mg
  • 台湾製ミノキシジル2.5mg~5mg
  • 国内製フィナステリド1mg
  • 国内製デュタステリド0.5mg

台湾製フィナステリド / ミノキシジル

こちらのお薬は、当院では最もお求めやすい価格で提供しているお薬になります。

製薬メーカーは「WINSTON MEDICAL SUPPLYCO.LTD.(ウィンストンメディカルサプライ)」です。

この会社はMedigenBiotechnologyCorp.という台湾の上場企業の子会社で、
PIC/S GMP(日本を含む52か国の医薬品の査察基準)の認定を受けている会社です。

つまり、日本の医薬品製薬会社と同様にPIC/S-GMPに準拠した製造管理及び品質管理が実施されていると言うことになります。

日本では2022年5日時点にて、国内大手クリニックでも取り扱われている製薬メーカーのお薬となります。

また、こちらのお薬は第三者機関による成分検査済みが完了しております。

「成分が正しく含まれている」「他成分が混入していない」2点に関して結果が出ておりますのでご安心いただければと思います。

台湾製フィナステリド / ミノキシジルの料金表はこちらをご確認ください。

※現在は分包での配送となっております

ヘアテクトのフィナステリド
・ミノキシジルのまとめ

  • 第三者機関(UBE科学分析センター)による成分検査済で正しく成分が含まれていることを確認済み
  • 日本の医薬品製薬会社と同様にPIC/S GMPに準拠した製造/品質管理が実施されているメーカー
  • 国内大手クリニックでの処方実績多数

※国内未承認薬となり、医師の個人輸入により使用しています。 参考)「個人輸入において注意すべき医薬品等について」 https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html

国内製フィナステリド1mg

当院で処方する国内製フィナステリドは日系企業の江州製薬株式会社が製造するお薬です。

江州製薬株式会社はフィナステリドの他にも49種類のジェネリック医薬品の卸販売を行っており、

ジェネリック医薬品の製造販売に長けた企業と言えるかと思います。

ヘアテクトでは他院さまにて国内製フィナステリドを服用されていた方が選択されるケースが多く、日本での承認薬という点からも、安全性は担保されていると考えております。

海外製が不安な方は、是非こちらをご検討ください。

ヘアテクトの国内製
フィナステリド1mgのまとめ

  • 日本企業が製造する国内承認薬
  • 製薬メーカーはジェネリック医薬品の実績豊富
  • 国内製フィナステリドを希望の方におすすめ

国内製デュタステリド0.5mg

当院で処方する国内製デュタステリド0.5mgは日系企業のキョーリンリメディオ株式会社が製造するお薬です。

キョーリンリメディオ株式会社は、2022年5月現在の日本医薬品業界売上高ランキング(全72社)で22位に位置しているキョーリン製薬ホールディングス株式会社の完全子会社です。

デュタステリドはフィナステリドよりも高い効果を期待できることから、近年服用される方が増えています。

論文によると、フィナステリドの1.6倍の発毛効果が得られたというデータがございます。

フィナステリド+ミノキシジルの組み合わせでは十分な効果が得られなかった場合など、ご検討いただければと思います。

ヘアテクトの国内製
デュタステリド0.5mgのまとめ

  • 日本企業が製造する国内承認薬
  • フィナステリドの1.6倍の発毛効果が得られた論文データあり
  • より強い発毛効果を期待される方におすすめ

へアテクトがお求めやすい価格でお薬を処方できる理由

へアテクトでは他院さまよりもお求めやすい価格でお薬を処方可能なケースが多く、多くの患者さまからご質問をいただいております。

本日は、料金設定の3つ背景に関してもご説明させていただきます。

  1. AGA治療患者様が増加したから
  2. オンライン診療に特化しているから
  3. 「AGA治療を少しでも安く・適正価格で提供したい」という当サービスの想い

ここからは1つ1つの理由を、より詳しくご紹介していきます。

①AGA治療患者様が増加したから

2019年12月初旬頃から新型コロナウイルス感染症の流行が問題視されるようになってから、「オンライン診療」という新たな診療形態が普及しました。

その結果、AGA治療を希望する患者様が増加したことでへアテクトの患者様も増加し、お求めやすい価格で提供することが可能となったのです。

②オンライン診療に特化しているから

へアテクトのAGA治療はオンラインに特化しています。

そうすることで患者様の通院負担をなくすことができ、さらに受付スタッフなどの人件費や家賃などの内部コストまで削減できているのです。

一般的なクリニックでは、受付・事務スタッフ等の人件費をはじめ、クリニックの家賃や光熱費などの維持費用など通院を通じて多額の費用が発生しています。

当院のAGA治療は診察から処方まで全てオンラインで完結するので、これらの費用を大幅にカットすることに成功しました。

③「AGA治療を少しでも安く・適正価格で提供したい」という当サービスの想い

AGA治療は、継続すればするほど、効果実感が増していくものです。

一方、治療の高額さからAGA治療を諦めてしまう患者様が多いことも事実です。

そのため、ヘアテクトは

患者様の治療費の負担を抑えるため、少しでも価格をお求めやすくしたい

という強い想いを抱いておりました。

そのため、正直に申し上げますと、従来のクリニック様と比較するとやや利益が少ないクリニック経営となっておりますが、私共はこの、適正価格変更の取り組みこそが患者様が求められていることであり、結果的には多くの患者様に利用いただけることにつながっていくと信じております。

へアテクトは「安心」への取り組みを続けてまいります。

ヘアテクトでは患者様にお薬を安心して服用いただくため、第三者機関による成分検査済みのお薬のみを処方しています。

検査の結果、ヘアテクトのお薬には想定容量と同量の成分が正しく含まれていることが確認できております。

※調査結果写真

  • 対象:台湾製フィナステリド、ミノキシジルタブレット
  • 依頼先:UBE科学分析センター
  • 分析方法:高速液体クロマトグラフ分析(HPLC)
    (各標準品と比較し、①成分が正しく含まれているか②成分量が想定通りかを分析)
    ※0.1mg(1/1000グラム)の差異は、医薬品としての許容幅に収まると判断

海外製のお薬が不安な方は、国内製の薬をご希望ください

へアテクトでは、海外製のお薬だけではなく国内製のお薬も処方可能です。

「海外製のお薬の服用は不安」という方は国内製のお薬のみで治療を進めることも可能ですので、ご安心ください。

AGAの治療は長期間を要するものですので、患者様自身が納得して治療を進められるお薬を選んでいただくのが一番かと思います。

まとめ

へアテクトは、これからも患者様により安心してご利用いただき、薄毛改善効果を感じられるための取り組みを進めてまいります

料金設定からご不安に感じられていた方もいらっしゃったかと思います。

そんな時は、私共スタッフにお気軽にご相談いただければ幸いです。

今後とも、ヘアテクトをよろしくお願いいたします。

天野 方一 先生

ヘアテクト 顧問医師

日本抗加齢医学会専門医

埼玉医科大学卒業後、都内の大学附属病院で研修を修了。東京慈恵会医科大学附属病院、足利赤十字病院、神奈川県立汐見台病院などに勤務、研鑽を積む。2018年9月よりハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard T.H. Chan School of Public Health)に留学。予防医療に特化したメディカルクリニックで勤務後、2021年よりへアテクト顧問、2022年より理事長に就任。日本腎臓学会専門医・指導医、抗加齢医学会専門医、日本医師会認定産業医、公衆衛生学修士、博士(公衆衛生学)の資格を有する。

※本記事はHAIRTECTスタッフが天野医師にインタビューを実施し、スタッフが内容をまとめたものとなります。

最新記事

  • 薄毛・ハゲ
  • AGA治療
  • その他対策
  • ヘアテクト
もっと見る